• ホーム
  • トレンド
  • シフト管理SaaS「らくしふ」、受発注デジタル化のインフォマートと業務提携

シフト管理SaaS「らくしふ」、受発注デジタル化のインフォマートと業務提携

経営戦略

2020/12/23 14:00

 かんたんシフト管理SaaS「らくしふ」を提供するクロスビットは12月22日、企業間の商取引を電子データ化する「BtoBプラットフォーム」を提供するインフォマートと業務提携契約を締結したと発表した。

「らくしふ」を提供するクロスビットがインフォマートと業務提携

 インフォマートは、従来、企業間で電話やFAX・郵便・相対など時間とコストをかけて行われてきた受発注や請求書、契約・見積書作成などの業務をデジタル化し、時短・コスト削減につなげるツール群をBtoBプラットフォームとして提供している。利用企業数は49万社、19年度年間流通金額は11兆円を超えている。

 一方、クロスビットも、シフトをアナログ管理していた企業が無理なくデータ活用をスタートできるツールとして、らくしふをサービス提供。チャットツールLINEを活用するなど、従業員それぞれにとっての導入障壁を下げ、シフト管理業務の効率化をサポートしてきた。
 

 らくしふは、LINEを用いて、シフト管理効率化から利益率向上まで実現するシフト管理ツール。導入店舗数は5000店舗以上を突破。シフト管理業務の90%以上の削減や、店舗間のヘルプ機能の活用による月間数百万円分のリソースの創出などの成功事例が生まれている。

 今回の業務提携により、両社の既存顧客基盤を生かし、顧客ニーズに合わせ相互に送客などを行うことで相乗効果を生み、企業のDXをさらに加速・推進していく考え。

オススメの記事