• ホーム
  • トレンド
  • バイト200人の統括マネージャーが年に“100回”謝らなくてよくなった話

バイト200人の統括マネージャーが年に“100回”謝らなくてよくなった話

販売戦略

2020/12/14 18:00

 風邪やウイルス性の感染症など、冬は体調不良と隣り合わせの季節だ。人材派遣会社にとっても他人ごとではない。スタッフとして擁するアルバイトが突然、熱や頭痛で休むことも少なくないからだ。以前は、そうしたことが起きる度にマネージャーが取引先に謝っていた。しかし、今は違う。「空いたシフトの穴は、すぐに塞ぐことができる」と、人材派遣会社アドバンサーのマネージャーは語る。カギになっているのは、“あるツール”だ。

取材に対応したアドバンサーの近藤作美マネージャー

欠員の裏の苦しみ

 アドバンサーの事業の中でも、今回の話に関わりが深いのは人材派遣事業。キャリアショップや集客イベントへ向け、事前に研修したスタッフを送る仕事だ。キャンペーンの際に店頭で呼びかけを行うスタッフから、店舗内で契約の案内をするスタッフまで、幅広い人材がそろっている。スタッフのステップアップも事業の一つで、派遣先で社員の業務にも対応できるスタッフもいるという。

 ただ、ときには体調不良や急用で欠勤してしまうスタッフもいるそうだ。その場合、欠員をすぐに補充できず、取引先に「謝るしかない」と近藤作美マネージャーは語る。年間で約100件ほど欠員が出ることもあり、その都度、謝罪する必要があるのだ。同日、働く予定だったスタッフにも通常以上の負担がかかってしまう。

 もっと人数を確保しておけば欠員は避けられるが、繁忙期と閑散期で必要になる人員に波がある。繁忙期にあわせて人員をそろえると閑散期にコストだけ膨らんでしまうため、無暗に人員を増やすのはリスクだ。そこで目を付けたのは、ある単発バイトアプリ。リクルートが提供する「ジョブクイッカー」だ。

ジョブクイッカーの安定性

 ジョブクイッカーは、空き時間などにバイトをしたいユーザーと即戦力が欲しい店舗をマッチングするサービスのこと。スマートフォンタブレット端末のアプリから利用可能で、企業側は好きなタイミングで求人募集と選考、採用者とのやり取り、お試し勤務までできる。

 アドバンサーの使い方はこうだ。例えば、集客イベントのスタッフが急に体調不良で休んだとする。しかし、補充できる人員が社内におらず、このままでは欠員になってしまう。そこでジョブクイッカーに求人募集を掲載すると、翌日までに応募がある。応募では、本人のプロフィールや経歴、アピールポイントが確認できる。マネージャーは、その中から印象や経験に沿って選出し、研修を経て、実際の業務にあたってもらう。応募から実働まで、わずか1日のケースもあるという。それでも必ず担当者による研修を行うのが、同社のこだわりだ。

 「振り返ると、すでに100件以上使っているはず。募集から応募まで早く、人材の質が安定しているので、ジョブクイッカーには助けられている。急きょ、入っていただいた方がそのまま現場で働き続けるようになるケースもあり、社内外からも評判が高い」と近藤作美マネージャーは語る。「欠員を出さなくなったことで、信頼性は向上し、何より精神的な負担も減った」と喜ぶ。もう謝ることはなくなったそうだ。

仕事に欠かせない存在に

 アドバンサーでは、ジョブクイッカーを使う上で気を付けている点がいくつかある。一つは、プロフィールのアピール欄。集客イベントなどではとにかく明るい調子で声をかけることが重要なので、履歴書では見かけない「大きな声で明るく話します!」など、アピール欄での“元気さ”を重視する。

 もう一つは、採用選考に際して必ず電話をかけること。そこで対応力やしっかりと応答できるかを確認する。そして最後は、必ず研修を行うこと。ジョブクイッカーを使う際は、突然、バイトが休みになった時なので、採用から実働までの時間に猶予はない。それでも「クオリティも重視している」とこだわり、2時間程度でも説明や確認は必ず実施するそうだ。

 「悩みがあるとすれば、(応募が多すぎて)どの方を採用するのか決めかねるくらい。あとは、省くことはできないが、契約の手続きなども手間はかかる」とこぼす一方で、「もうジョブクイッカーがないと仕事は回せない」とすでに欠かせない存在になっていることを明かす。必要なときに必要な人手を、コストを抑えながら確実に手配するにはピッタリのサービスだという。近藤作美マネージャーは100回謝っていた時期を振り返りながら嬉しそうに語った。

オススメの記事