• ホーム
  • トレンド
  • 東武グループ共通ポイント「TOBU POINT(トブポ)」、登録済PASMO利用でポイント付与

東武グループ共通ポイント「TOBU POINT(トブポ)」、登録済PASMO利用でポイント付与

販売戦略

2020/12/15 18:30

 東武鉄道、東武カードビジネスは、従来の東武カード保有者向け東武グループポイントサービスを一新した新たなポイントサービス「TOBU POINT(略称トブポ)」を11月1日に開始した。

東武グループの共通ポイント「TOBU POINT」

 JR東日本の共通ポイントサービス「JRE POINT」と似た仕組みで、クレジットカードの東武カードの利用・カード提示に加え、東京ソラマチ・東武百貨店・東武ストアなどTOBU POINT加盟店で、新たに導入したスマートフォン(スマホ)向けアプリの提示(現金支払いのみ)、アプリで事前登録したPASMOでの決済で、グループ共通ポイントのTOBU POINTがたまる。登録済PASMOでのポイント付与率は0.5%。有効期限はポイント最終変動日から2年間。
 
スマホアプリのイメージと、TOBU POINTの公式キャラクター

 スマホアプリには、アプリ限定のクーポンやキャンペーン情報を配信するほか、TOBU POINT加盟店での利用金額に応じた会員ランクを新たに設定し、ランクに応じた特典を用意する。たまったTOBU POINTは、チケットレスサービスによる東武鉄道の特急券・TJライナーやTHライナーの座席指定券の購入、東京ソラマチ・東武百貨店・東武ストアでの買い物、東武グループ施設で1ポイント1円相当として利用できる(一部加盟店を除く)。アプリは無料。利用は13歳以上となる。
 
鉄道、スーパー、レジャー施設など、幅広く展開する東武グループ

 11月1日時点で保有していた従来の東武グループポイントは、そのままTOBU POINTに引き継がれる。新旧のサービス比較表など、詳細は公式サイトに掲載している。

オススメの記事