• ホーム
  • トレンド
  • 16行のJCBデビットカードがApple Payに対応 新規入会で最大5000円還元キャンペーン開催

16行のJCBデビットカードがApple Payに対応 新規入会で最大5000円還元キャンペーン開催

販売戦略

2020/12/03 20:00

 ジェーシービーJCB)は、対象のJCBグループ会社が発行するデビットカードに新規入会・エントリーのうえApple Pay/Google Payを利用すると、5000円を上限に利用金額の20%を還元するキャンペーン「【JCBデビット新規入会限定】 Apple Pay・Google Pay で 20%キャッシュバック」を実施している。キャンペーン期間は入会が2021年1月31日まで、利用は2月28日まで。

20%還元キャンペーンを再び開催

 12月1日に、JCBグループ会社16行が発行するJCBデビットカードが新たにApple Payに対応し、Apple Pay対応済み銀行は合計29行に拡大。全国のQUICPay+加盟店で、JCBブランドのクレジットカードど同様に、iPhoneやApple WatchをかざしてFace ID、Touch IDで認証して決済できる。
 
Apple  Pay画面イメージ(クレジットカード)

 銀行口座直結のデビットカードは、口座残高までしか引き落とし不可のため使いすぎない、原則入会審査不要といったメリットがある。新たにApple Payに対応した銀行は、秋田銀行・阿波銀行・池田泉州JCB・愛媛銀行・大垣共立銀行・鹿児島銀行・北九州銀行・九州カード・紀陽銀行・京都銀行・名古屋銀行・広島銀行・北洋銀行・北陸カード・もみじ銀行・山口銀行の16行。
 
Apple  Pay画面イメージ(デビットカード)

 対応済み銀行は、沖縄銀行・熊本銀行・七十七銀行・十八親和銀行・十六銀行・千葉銀行・東邦銀行・栃木銀行・八十二銀行・肥後銀行・福岡銀行・みずほ銀行三菱UFJ銀行。今回のキャンペーンは、各銀行のデビットカードの新規入会者は全て対象。

オススメの記事