• ホーム
  • 業界動向
  • 超コスパの家庭用スマートプロジェクター、クラウドファンディングで先行予約開始

超コスパの家庭用スマートプロジェクター、クラウドファンディングで先行予約開始

販売戦略

2020/12/01 20:30

 LIBERO AGENCYは、Androidを搭載した家庭用スマートプロジェクター「D035」の先行予約受付をクラウドファンディングで予定している。価格は調整中だが、2万円台前半程度の見込み。

D035

 D035は、コンパクトな本体ながら200インチ近いサイズで投影できる。

 本体にバッテリを搭載し、下部に三脚穴を備えているので、天井への投影にも対応している。また、Android搭載なので、本体のみで楽しめる。
 
「D035」による約170インチでの投影イメージ

 解像度は一般的なエントリーモデルを上回る1270×720p。明るさは、100ルーメンながらカーテンを閉めた昼下がりでもクッキリと映像を映し出せる。
 
本体背面にはHDMI入力やUSBポートを搭載

 その他、上下合計80°の自動台形補正に対応し、フォーカスはマニュアルで操作する。フォーカスリングは、大型なので操作しやすく、緻密な調整を可能にしている。また、HDMI接続やUSB接続、無線によるスマートフォンとの接続にも対応する。

オススメの記事