• ホーム
  • 業界動向
  • 掲載10日で目標2600%! スマートプロジェクター「オーロラ」がMakuakeで

掲載10日で目標2600%! スマートプロジェクター「オーロラ」がMakuakeで

販売戦略

2020/10/06 06:30

 M Styleは10月5日、クラウドファンディングサービス「Makuake」で出展しているスマートプロジェクターオーロラ」が、出展から10日目で目標支援額の2600%、支援者数100人を達成したことを発表した。一般販売予定価格は税込み13万2000円。


 オーロラは、手軽に持ち運べる家庭用モバイルプロジェクターで、小型ながら5000ルーメン/250ANSIルーメンを実現するとともに、映画館や大型プロジェクターで使われているDLPディスプレイ・テクノロジーを使用することで、深く鮮やかなカラーコントラストを実現している。

 投影可能なスクリーンサイズは300インチ(縦4.5×横6.0m)で、個人で楽しむための小さなサイズから、部屋の壁を超える高さのスクリーンまで、投影場所などに応じて40~300インチの投影に対応する。
 
使用イメージ

 720pの高解像度で、4K入力や3D映像(鑑賞にはアクティブシャッター方式の3Dメガネが必要)にも対応するほか、OSにはAndroidを使用しているので、USBメモリやHDDに保存した映像・動画も投影できる。

 サイズは直径172×高さ40mm。重さは740g。

 Makuakeにおける税込み価格は、100人限定の早割が36%オフの8万8480円、Makuake割が32%オフの8万9760円。

オススメの記事