• ホーム
  • トレンド
  • ゴディバ、GODIVA cafe Tokyoを東京駅グランルーフ フロント内にオープン

ゴディバ、GODIVA cafe Tokyoを東京駅グランルーフ フロント内にオープン

店舗

2020/11/26 17:12

 ゴディバジャパンは、国内初となる「GODIVA cafe Tokyo」を東京駅グランルーフ フロント(JR東京駅構内・地下1階)内に11月26日に開業した。

GODIVA cafe Tokyoの店内イメージ

 GODIVA cafe Tokyoは、イートインを主体にフードメニューを多数提供。店内は、GODIVAのルーツを感じさせるモダンヨーロピアンをベースに、都会になじむハイセンスさをミックスする。FRITZ HANSENのチェアをところどころに配置し、上質感を漂わせつつ日常使いできるカジュアルさを意識している。

 同店には、高温スチームで溶かしたチョコレートを、内蔵された攪拌羽根とブレンダー孔が短時間でリキッドと混ぜ合わせ、非常に滑らかなチョコレートドリンクに仕上げるミツバチプロダクツ製の「インフィニミックス」を導入しており、多彩なカカオメニューの展開を予定する。

 フードメニューは、クロワッサンとワッフルを合わせたクロッフル各種をはじめ、ジャーに入ったサラダやスープ類といった軽食系、パスタやシチュー、キッシュやカレー、蕎麦など食事系も多く用意している。

 スイーツメニューでは、世界に5人しかいないGODIVAシェフであるヤニック・シュヴォロー氏によるシェフズコレクションとして、まず「ムースショコラ」「チョコレートマフィン」「チョコレートシフォンケーキ」「チョコレートテリーヌ」の4種からスタートし、随時新しいメニューに刷新していく。
 
GODIVA cafe Tokyoにおける提供メニューの一例

 なお、GODIVA cafeオリジナルのパッケージや商品は、GODIVAのブティックとはひと味違う、カジュアルなカフェらしい世界観を表現した。
 
GODIVA cafeオリジナルパッケージのイメージ

 営業時間は8~22時となっている。

オススメの記事