• ホーム
  • 業界動向
  • Go To Eat 東京、アナログ食事券の申込開始 通常はがきでも受け付け

Go To Eat 東京、アナログ食事券の申込開始 通常はがきでも受け付け

販売戦略

2020/11/19 12:39

 「Go To Eat キャンペーン Tokyo」アナログ(紙)食事券を購入するための引換券の申し込み受付が始まった。販売はデジタル食事券と同様に11月20日から。従来はスマートフォンと専用はがきのみで受け付けるとしていたが、通常はがきでも申し込めるように変更している。

Go To Eat キャンペーン Tokyo」アナログ食事券の引換券の申し込み受付が始まっている

 引換券の申込方法は、先述の通り大きく2通り。スマホによる申し込みは、公式HPから「引換券申し込み」にアクセスし、メールアドレスを入力。確認画面に進み、問題なければ「申し込みを確定する」をタップすると、登録したメールアドレスに引換券のURLが届く。アナログ食事券を購入する際は、このURLにアクセスすれば「食事券引換」ページが表示される。引換前に「引換済みにする」をタップすると購入できなくなるため、注意したい。
 
スマホで申し込んだ引換券

 はがきの場合は、専用はがきと通常はがきで申し込む。引換券の発行は抽選方式。専用はがきの設置場所は地域の区役所や図書館など。HPに一覧が表示されているため、最寄りの設置場所を探すことができる。また、「お客様控え」を手元に保管する必要がある。通常はがきの場合は、HPに掲載されている記入例の通りに郵便はがきを記入すれば申し込むことができる。1~2週間程度で、引換券がはがきで送られてくるはずだ。
 
通常はがきの記入例

 いずれの手段でも、1度の申し込みで発行できる引換券は1人1枚まで。引換券をアナログ食事券の販売店舗で提示すれば、1枚で2セット(2万円)まで購入できる。利用する際は25%が上乗せされるので、実質2万円で2万5000円分の食事ができる計算だ。合計発行数は300万セットとしている。

 なお、スマホで引換券を申し込む場合は1日の発行上限がある。広報担当者によると、「その日の発行・販売状況によって上限数は左右される」とのこと。アクセスの集中が予想されるため注意したい。

オススメの記事