• ホーム
  • 業界動向
  • 「リユースモバイル事業者認証制度」第一号、携帯市場やソフマップなど

「リユースモバイル事業者認証制度」第一号、携帯市場やソフマップなど

経営戦略

2020/11/17 13:00

 リユースモバイル・ジャパンRMJ)は11月13日、安全・安心で活発なリユースモバイル市場の成長に資することを目的として19年に発表した「リユースモバイル事業者認定制度」において、日本テレホン、携帯市場ソフマップブックオフコーポレーションの4社が第一号事業者として決定したと発表した。

リユースモバイル事業者認証制度」第一号

 RMJでは、19年にRMJと有志企業により構成されるリユースモバイル関連ガイドライン検討会を通じて、消費者が安全・安心にリユースモバイル端末を利用できるよう、業界の共通の指標となる「リユースモバイルガイドライン」を策定。さらに、リユースモバイル関連事業者が安全・安心な端末の取り扱いを行っていることを認定する「リユースモバイル事業者認定制度」も発表し、今回、第一号事業者として4社が認証された。

 認証事業者が展開するECサイトや店舗では、「リユースモバイル事業者認証マーク」が掲出され、消費者が一目で安全な事業者を判断でき、さらに安心して利用できるようになる。

 これらの施策と普及により、リユースモバイル関連事業者による安全・安心な売買環境を構築し、これまで以上に消費者の選択肢を広げることで、さらなるモバイル市場の公正競争促進を目指す。RMJは、今後もリユースモバイル端末の取り扱いに関する取り組みを進めることで、消費者が安全に安心してリユースモバイル端末を利用できる世の中を目指していく。

オススメの記事