• ホーム
  • 業界動向
  • 触ってもインクが滲まないボールペン!? オトナを虜にする「ENERGEL」徹底解明

触ってもインクが滲まないボールペン!? オトナを虜にする「ENERGEL」徹底解明

トレンド

2020/10/25 19:30

【思わず使いたくなる文房具あれこれ・33】 学生の頃、見た目を重視して選んでいたボールペン。しかし、社会人になると失敗できない書類を書いたりするので、インクの滲み具合や書き心地にこだわり始めるケースも多いはずだ。そこで、今回は“オトナを虜にするなめらかな書き味”と謳うぺんてるの自信作「ENERGEL(エナージェル)」に注目していこう。

見た目はただのボールペンと変わらない

 一見、形や太さは普通のボールペンと変わらない。本体は、ノック式を採用しており、グリップの部分にすべらない加工が施されている。今回、選んだのはボール径0.4mmのボールペンだが、他に0.3mmや1.0mmなどの太さもある。インクの色も、黒・赤・青の3色から選べるため、全てコンプリートするのもおすすめだ。
 
スッとかけて、サッと乾くボールペン
 
グリップのフィット感はGOOD!
 
ペン先を出しやすいノック式を採用

 その書き味もさることながら、インクがすぐに乾くことも特徴。どうやら速乾性に優れた“エナージェルインキ”を使用しているそうだが、本当に滲まないのだろうか。

 実際に、ふたをノックしてみたところ、先端から細いペン先が出てきた。そのまま紙に試し書きしてみると、想像以上に濃いインクにびっくり。文字がかすれる様子もなく、滑らかな書き心地を実現している。
 
スリムな文字を書けるペン先は超極細
 
想像以上に滑らかな書き心地だ

 ペン先の感覚に文句のつけどころはないものの、インクが滲まないという点では少し微妙。書いた文字にすぐさま触れてしまうと、やはりインクが滲んでしまう。とはいえ、いつも使っているボールペンより乾くスピードは断然早い。これなら、仕事中に急いでメモを取っていても、手首や文字が汚れる心配はなさそうだ。
 
すぐに触れるとインクが滲む可能性が……

 ちなみに、1本当たりの価格は174円(税込み)。ENERGELを普段から愛用すれば、「濃いインク=滲みやすい」という概念がなくなるかもしれない。(フリーライター・藤崎恭弥)

※記事中の価格、情報はライター購入時のAmazon実売価格・情報です。

■Profile
藤崎恭弥

30代男性。妻と息子の3人家族。仕事はウェブの広告系で、会社で副業が解禁されたことでフリーライターの道に。昔から無類の文房具好きで、有名メーカーの新作や無名メーカーの謎商品を都度購入して試している

オススメの記事