• ホーム
  • 業界動向
  • iPhone 12シリーズ購入意向、iPhoneユーザーが4割超でAndroidユーザーが1割超が

iPhone 12シリーズ購入意向、iPhoneユーザーが4割超でAndroidユーザーが1割超が

データ

2020/10/24 11:30

 MMD研究所は、スマートフォンを所有する15~69歳の男女を対象に実施した、「iPhone 12シリーズに関する購入意向調査」の結果を発表している。調査は、10月15~19日の期間に行われ、1102人から有効回答を得ている。

iPhoneユーザーの45.6%、Androidユーザーの16.0%がiPhone 12シリーズの購入を希望

 調査対象者に、iPhone 12シリーズの購入意向を尋ねたところ、iPhoneユーザーでは「購入する予定」(15.6%)、「購入を検討している」(30.0%)を合わせた45.6%が購入意向を示した。

 一方、Androidユーザーでは「購入する予定」(3.1%)、「購入を検討している」(12.9%)を合わせた、16.0%が購入意向を示している。
 
キャリア別では、ドコモユーザーの26.5%、auユーザーの25.1%、
SoftBankユーザーの35.3%がiPhone 12シリーズ購入意向を持っている

 iPhone 12シリーズを「購入する予定」「購入を検討している」と答えた人をキャリア別でみると、ドコモユーザーで26.5%、auユーザーで25.1%、ソフトバンクユーザーで35.3%だった。
 
購入を検討している機種は「iPhone 12」が最多

 iPhone 12シリーズの購入意向を示している人に、購入を検討している機種を尋ねた質問(複数回答)では、iPhoneユーザー、Androidユーザーともに「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の順となっている。
 
iPhoneユーザーで「iPhone 12(128GB)」、
Androidユーザーで「iPhone 12(64GB)」の購入希望が最も多い

 各機種の容量別でみると、iPhoneユーザーでは「iPhone 12(128GB)」(30.7%)が最も多く、「iPhone 12(64GB)」(23.5%)、「iPhone 12(256GB)」「iPhone 12 mini(64GB)」(どちらも18.7%)が続いた。

 Androidユーザーでは、「iPhone 12(64GB)」(27.3%)、「iPhone 12(128GB)」(25.0%)、「iPhone 12(256GB)」(18.2%)の順となっている。
 
iPhone 12シリーズの魅力、iPhoneユーザーで「通信(5G対応)」、
Androidユーザーで「カメラ機能」が最多に

 iPhone 12シリーズの購入意向を示している人に、iPhone 12シリーズで魅力を感じている項目を尋ねたところ(複数回答)、iPhoneユーザーでは「通信(5G対応)」(47.0%)が最多で、「スペック」(39.0%)、「サイズ」(35.1%)が続く。

 Androidユーザーでは、「カメラ機能」(45.5%)が最も多く、以下「通信(5G対応)」(44.3%)、「スペック」(40.9%)の順となった。
 
iPhoneユーザー、Androidユーザーともに22.2%がiPhone 12シリーズ購入時に5Gプランへ加入予定

 大手3キャリアのユーザーで、iPhone 12シリーズの購入意向を示している人に、iPhone 12シリーズ購入時に5Gプランに加入するかを尋ねた質問では、iPhoneユーザー、Androidユーザーともに22.2%が「加入する」と答えている。
 
iPhone 12シリーズ購入時の5Gプラン加入、ドコモユーザーは2割弱、
auユーザーは1割未満、Softbankユーザーは3割

 キャリア別では、ドコモユーザーが17.2%、auユーザーが7.3%、ソフトバンクユーザーが31.9%となった。

オススメの記事