• ホーム
  • 業界動向
  • エディオン・スギ薬局グループ計4種類の店舗がFamiPayに対応

エディオン・スギ薬局グループ計4種類の店舗がFamiPayに対応

 10月1日から、ファミリーマートが提供するアプリ「ファミペイ」内の決済機能「FamiPay」がファミリーマート以外の店舗で利用可能になった。利用可能な場所の拡大を記念して、10月6日からFamiPay加盟店全てでFamiPay利用額の20%相当を還元する「FamiPay払いで20%戻ってくる」キャンペーンを実施している。

20%還元キャンペーンに合わせ、FamiPay加盟店が拡大

 このFamiPayが使える店に、スギ薬局グループの「スギ薬局」「ジャパン」、エディオングループの「エディオン」「100満ボルト」が加わった。

 11月2日までの20%還元キャンペーンの還元上限は、期間中合計2000円相当。エントリーは不要だが、キャンペーン終了までに、FamiPayへのチャージに対応する銀行口座またはファミマTカード(クレジットカード)を登録する必要がある。「登録」が条件であり、チャージ自体は現金でも可能。
 
 
エントリー不要、条件を満たすとFamiPay払いで20%戻ってくる

 他のスマートフォン決済サービス・電子マネーに比べ、FamiPayが使える店はまだ少なく、利用機会が限定されるという指摘があったが、家電量販店のエディオンや100満ボルトが加わると、一気に実用性が高まるだろう。

 その他のFamiPayが使える店舗は、トイザらス・ベビーザらス、オートバックス、イエローハット、島忠ホームズ、ヤマダ電機、紀伊國屋書店、日高屋、天丼てんや、ロイヤルホストなど。なお、FamiPayは、総務省が推進する統一QR普及事業「JPQR」に参画しており、JPQR加盟店の一部でも使える。

オススメの記事