ファミリーマートが提供するアプリ「ファミペイ」内の決済機能「FamiPay(ファミペイ)」がファミリーマート以外の店舗で利用可能になった。FamiPayは後発ながら、必要十分な機能を備え、クレジットカードの「ファミマTカード」からチャージすると、チャージと支払時、FamiPayボーナス(ポイント)が二重取りできる。FamiPayボーナスは自動的にFamiPayに充当されるので、FamiPay決済を定期的に使い続ける限り、失効の心配がなく、確実にお得だ。

エントリー不要の過去最大規模のお得な20%還元キャンペーンを
10月6日からスタート

10月6日からキャンペーン開始 チャージは10日・25日がおすすめ

 FamiPayはファミマTカードや銀行口座からチャージして使う、事前チャージ型のスマートフォン(スマホ)決済サービス。支払時に税込200円につき、FamiPayボーナス1円相当が付与される。2019年7月のサービス開始以来初めて、今年9月5日にアプリを大幅リニューアルし、ファミリーマート以外の店舗向けのQRコードの表示・読み取り機能を追加した。独自のメリットとして、ファミリーマートではFamiPayで支払うと、事前に登録したTポイント/dポイント/楽天ポイントが同時にたまるが、他店舗ではポイントはたまらず、決済機能のみとなる。なお、同一アカウントの複数端末での利用は不可。

 利用可能店舗拡大を記念して、ファミリーマートは、キャンペーン終了時点での銀行口座またはファミマTカード登録を条件に、FamiPay加盟店でFamiPayで支払うと、期間中の累計支払金額の20%をFamiPayボーナスで後日還元するキャンペーンを10月6日~11月2日に実施する。
 
FamiPayはネットでも利用可。店舗では、「FamiPayで支払う」「Smart Codeで支払う」と伝える

 対象店舗は、トイザらス・ベビーザらス、オートバックス、イエローハット、島忠ホームズ、ヤマダ電機、紀伊國屋書店、日高屋、天丼てんや、ロイヤルホストなど。還元上限はFamiPayボーナス2000円相当。つまり1万円相当のFamiPay利用で、実質1万2000円相当使える計算だ。ファミリーマートの店舗では、切手・はがき、自治体ごみ券・袋、公共料金、代行収納、プリペイドカード類、電子マネーのチャージ、クオカードの発行など、一部商品は対処外。
 
ファミペイアプリのFamiPayのファミリーマート以外での利用方法

 おすすめのチャージ方法はファミマTカードだが、銀行口座チャージでも、毎月10日・25日のチャージキャンペーン実施日に、一度に3000円以上チャージすればファミリーマートで使える無料引換クーポンがもらえる。直近の10月10日は「ファミチキ(骨なし)」が無料。ファミペイアプリ内のFamiPayも、簡単に利用開始できるお得なスマホ決済サービスの一つとして覚えておこう。(BCN・嵯峨野 芙美)