ワークマンは10月16日、新コンセプト店舗「#ワークマン女子」を横浜桜木町駅前のコレットマーレにオープンする。同社初の「女性客」主体の店舗と位置付けており、SNSとリアル店舗の一体化を図る。店舗からSNSで発信することが可能で、インスタ世代の取り込みを狙う。初年度の男女別の売上目標は女性が55%、男性が45%で、4億5000万円だとしている。

10月16日にオープンする新コンセプト店舗「#ワークマン女子」

 同店の売り場面積はこれまでのショッピングモール店の1.5~2倍にあたる452平方メートル。路面店を含め、同社内で最大級の売場面積を持つ旗艦店になる。売場構成は女性専用売り場が40%、男女兼用のユニセックスが20%、男性専用が40%で、これまでのモール店に比べ女性用売場を2.5倍に拡大している。
 
女性客を主体に設計されたワークマン

 店内には、SNS発信用の「インスタ映え」・「動画映え」スポットを多数用意。「メルヘン調2人乗りブランコと巨大バラ」や「#あしもと倶楽部」用の5パターンの床面イラストと床ロゴ、バラのロールスクリーン(閑散時に使用可)と小顔効果のある手持ち用のバラ、「#ワークマン女子」店オリジナルの縫いぐるみ「わくこちゃん」などを用いた拡散を狙う。

 入り口は、女性マネキンとメルヘン調の動画スポットが目立つように設計。内装も女性が入りやすい雰囲気に整える。男性売場は店舗の奥に設置するため、入り口から見ると完全な「女性専用店」に見えるという。
 
インスタ映えを意識した撮影スポットもある

 同社は、これまで展開してきたワークマン(663店)、WORKMAN Plus(222店)は、男性的な店舗で、女性がやや「肩身の狭い思い」をしていたと分析する。このため、今回は客層を入れ替えて、男性向け商品を入り口付近に配置。男性にとっては、多少、居心地の悪さを感じることもあるような設計になっている。出店するコレットマーレの利用者も女性とファミリー層が多いことから、ターゲットの需要も取り込める見通しだ。

 なお、同店は実験店舗としての役割も担っており、今後は数店をモールに出店して様子をみる、としている。こうした活動を通して、路面店における女性売場をどのように展開していくのか模索していく。