日経リサーチは、主要企業600社のブランド力を測定・分析する「ブランド戦略サーベイ」の2020年版レポートを9月23日に発売した。税別価格は40万円から。

ブランド総合評価はアップルジャパンとソニーが同率1位、
ヤマト運輸は前回5位から3位へ上昇

 ブランド戦略サーベイは、企業のブランド力をコンシューマー(消費者)とビジネスパーソンという二つの視点から評価する年1回のインターネット調査。

 ブランド力は、「愛着度(ビジネスパーソンは企業魅力度)」「自分必要度(ビジネスパーソンはビジネス有用度)」「プレミアム(ブランドプレミアム・価格プレミアム)」「独自性」「推奨意向」と、五つの指標に基づいて算出された「ブランド知覚指数(PQ:Perception Quotient)」によって評価してる。

 2020年版レポートでは、アップルジャパンが総合2連覇を達成するとともに、ソニーの消費者ランキングが5位から2位へアップし、総合でもアップルジャパンと並んで1位となった。

 前回5位だったヤマト運輸は、消費者PQの上昇幅が1位となり、消費者評価では前回14位から3位に急上昇し、総合で3位にランクインしている。

 消費者ランキングでは、前回22位だったユニクロが8位に急上昇し、初めてトップ10にランクインした。また、アイリスオーヤマはビジネスパーソンによる評価でビジネス有用度と独自性が大幅に上昇し、ランキングが前回の62位から17位へとアップしている。