JR東日本メカトロニクスとデンソーウェーブは、共同で自動改札機など向けにQRコード付き乗車券への対応を可能とした新しいQRコードリーダーを開発した。スムーズな自動改札機通過を実現するものとして期待されている。

QRコードの読み取り速度と範囲を向上させた新QRコードリーダー

 QRコードは、キャッシュレス決済サービスやレジャー施設のチケットサービスをはじめ、さまざまな業種や用途で利用が広がっている。交通サービスでも、乗車媒体として一部の事業者で利用は始まっている。
 
読み取り範囲は約2倍に拡大している

 ただ、QRコードの読み取りに手間取ってしまうと、自動改札機の通過が滞ってしまう。こうしたリスクを避けるため、読み取り速度向上と読み取り範囲拡大を目的として研究開発を行ったという。

 従来製品と比較して、読み取り速度を約1.5倍に、読み取り範囲を約2倍に向上させることに成功。また、スマートフォンのディスプレイに表示させたQRコード、紙に印刷したQRコードと同等の読み取り速度で処理を行うことが可能になる。

 通常のQRコードだけでなく、将来的な機能拡張として、公開・非公開情報を一つのQRコードに格納した「SQRC」や複製防止QRコードにも対応している。