ナビタイムジャパンは、東京地下鉄が8月27日から提供している新サービス「東京メトロ my!アプリ」に、マルチモーダルルート検索機能を提供した。

マルチモーダルルート検索機能を提供

 東京メトロ my!アプリは、リアルタイムな運行情報や列車走行位置の確認に加え、マルチモーダルルート検索に対応し、タクシーアプリやシェアサイクルサービスとの連携や、ルート検索の結果を引き継いで各サービスを起動するなど、出発地から目的地まで連続性の高いスムーズな移動体験を実現するアプリ。

 ナビタイムジャパンは、このアプリに、総合ナビゲーションサービス「NAVITIME」で培ったマルチモーダル経路探索技術を活用したルート検索機能を提供し、徒歩、鉄道、バス、タクシー、シェアサイクルといったさまざまな移動手段を組み合わせて、複数の移動ルートを提示する。さらに、東京メトロ・都営地下鉄を優先するルートも提案することで、1日乗車券利用時や乗車ポイントをためたいときなど便利に利用できる。

 また、電車からバス、シェアサイクルから徒歩のようにマルチモーダルな移動の際でも、それぞれの移動手段をつなぐ場面や公共交通機関を降りて目的地まで向かう際にスムーズに移動できるよう、地下鉄の駅出口を出てから次にどの方向に進めばいいかの案内や、バス停の正確な位置情報などの情報も表示する。

 シェアサイクルでは、ドコモ・バイクシェアが提供する「bike share service」に加えて、今回新たに東京メトロと共同でOpenStreetが提供する「HELLO CYCLING」の駐輪拠点を踏まえたルート検索を実現するとともに、ナビタイムジャパン独自で地図データを収集・整備し、交通規制や自転車専用道など、自転車特有の情報を考慮したルートを案内する。