• ホーム
  • 業界動向
  • LINEのGoogleアシスタント機能が拡充、画像や動画の送信も可能に

LINEのGoogleアシスタント機能が拡充、画像や動画の送信も可能に

トレンド

2020/08/21 19:00

 LINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」は、Googleが提供する「Googleアシスタント」を使って送信できる内容を拡充した。


 LINEは、3月17日からGoogleアシスタントに対応し、Androidを搭載したスマートフォン(スマホ)に話しかけるだけでLINEのメッセージを友だちに送ったり、受け取ったメッセージを確認したりができるようになった。

 今回、これに加え、表示中の画面のスクリーンショットや閲覧中のウェブサイトのURLも音声操作でスムーズに友だちへと簡単に「シェア」することが可能となった。さらに、「新しいGoogleアシスタント」対応のGoogle Pixel 4、Google Pixel 4aには、端末に保存している画像や動画の「シェア」、「返信/返事」の機能を追加した。「返信/返事」は、1:1以外のトークルームでも使える。すべての機能、対応言語は日本語・英語の2カ国語となっている。

 具体的には、スクリーンショットを撮りたい画面を表示した状態で、「OK Google、〇〇にスクリーンショットをLINEでシェア」などと話しかけると、自動でスクリーンショットを撮影し、指定した友だちにLINEのトークで簡単にシェアできる。ウェブサイトURLやYouTubeをシェアしたい場合も、シェアしたい画面を表示した状態で、「OK Google、〇〇にLINEでシェア」などと話しかけると、指定した友だちにLINEのトークで簡単にシェアできる。

 また、新しいGoogleアシスタント対応端末のGoogle Pixel 4/Google Pixel 4aでは、シェアしたい画像や動画をGoogleフォトアプリまたはYouTubeで表示した状態で、「OK Google、〇〇にLINEでシェア」などと話しかけると、指定した友だちにLINEのトークで簡単にシェアすることができる。

 トーク内返信機能は、返信したいLINEのトークルームを表示した状態で、「OK Google、〇〇って返信」などと話しかけると、表示しているトークルームに簡単に返信できる。LINEのプッシュ通知に返信をする場合も同様に、「OK Google、〇〇って返信」などと話しかけることで簡単に返信できる。

 なお、今回の機能アップデートを記念して、8月20日から27日までの1週間、LINE FRIENDSのスマートフォンカバー(Google Pixel 4a専用)を25人に、さらにGoogle Pixel 4aとLINE FRIENDSのスマートフォンカバーをセットで5人にプレゼントするキャンペーンを実施する。

オススメの記事