• ホーム
  • トレンド
  • 現代の告白方法としてラブレターは「ナシ」、成功率も低いことが明らかに

現代の告白方法としてラブレターは「ナシ」、成功率も低いことが明らかに

データ

2020/07/21 21:00

 ネクストレベルは、自社運営の「縁結び大学」で18~44歳の男女330人を対象に、7月23日の「ふみの日」にちなんで、ラブレターを含む愛の告白方法についてのアンケート調査を実施した。調査は、6月27日~7月1日の期間に行われている。

アラフォー世代では、ラブレターをもらったことがある人は43.6%、書いたことがある人は32.7%

 調査対象者のうち、35~44歳のアラフォー世代に、ラブレターをもらったことがあるかを尋ねたところ、もらったことがある人は43.6%だった。ラブレターを書いたことがあるかを尋ねた質問では、23.9%がラブレターを書いたことがあると答えている。
 
アラフォー世代がラブレターをもらった時期、渡した時期とも「中学生」が最多に

 ラブレターをもらった時期は「中学生」(38.7%)が最も多く、「大学生」「社会人になってから」という回答も多かった。ラブレターを「社会人になってから渡したという回答も、25.0%に達している。
 
アラフォー世代のラブレター成功率は25%前後

 ラブレターをくれた相手と交際に発展した人が29.2%で、ラブレターを渡した人が相手と交際できた割合は23.7%だった。
 
アラサー世代では、ラブレターをもらったことがある人は36.4%、書いたことがある人は20.0%

 25~34歳のアラサー世代に、ラブレターをもらったことがあるかを尋ねたところ、もらったことがある人が36.4%、書いたことがある人が20.0%となっている。
 
アラサー世代でもラブレターをもらった時期、渡した時期ともに中学生が最多

 ラブレターをもらった時期は、中学生が40.0%、高校生が30.6%。ラブレターを渡した時期は、中学生が68.2%だった。
 
アラサー世代のラブレター成功率は39%

 ラブレターをくれた相手と交際に発展した人が32.5%で、ラブレターを渡した人が相手と交際できた割合は45.5%となっている。
 
Z世代では、ラブレターをもらったことのある人が38.2%、書いたことのある人が19.1%

 18~25歳のZ世代に、ラブレターをもらったことがあるかを尋ねたところ、もらったことのある人が38.2%、書いたことのある人が19.1%だった。
 
Z世代もラブレターをもらった時期、渡した時期ともに中学生が最多

 ラブレターをもらった時期は、中学生が80.4%。ラブレターを渡した時期は、中学生が69.6%で、ともに最多となっている。
 
Z世代のラブレター成功率は約30%

 ラブレターをくれた相手と交際に発展した人が31.0%で、ラブレターを渡した人が相手と交際できた割合は33.3%だった。
 
多くの人は以前にもらったラブレターについて「持っていない」「覚えていない」

 それぞれの世代に、もらったラブレターを今でも持っているかを尋ねた質問では、いずれの世代も「持っていない」「覚えていない」という回答が大部分を占め、「持っている」と答えた人も世代が上がるにつれて減り、アラフォー世代で4.2%にとどまっている。
 
現代の告白方法としてラブレターは「ナシ」という意見が多い

 現代の告白方法として、ラブレターの有無を尋ねたところ、全世代の平均で48.5%が「ナシ」と回答した。世代別では、アラフォー世代のみ「ナシ」が比較的少ない。

 ラブレターが「アリ」と答えた人からは「今の時代LINE、SNSのやり取りが一般的になっているので、むしろ手紙で渡した方が印象に残るので気持ちが伝わりやすくていいんじゃないか」「手紙を書く機会が少ない現在だからこそ、手間をかけて手紙を書いてくれることが嬉しいから」「直接口頭での告白が一番ですが、メールやSNSでの告白よりは手紙での告白の方が嬉しい」といった意見が寄せられた。

 ラブレターが「ナシ」と答えた人からは「スマホが主流になっている今、手紙はかなり気持ちの重さを感じる」「すぐに相手の反応がわからないので、悩む時間が多そうで嫌」「断られた場合SNSなどで拡散されるリスクがあるため、実際に言葉で伝えた方がよい」といった意見が寄せられている。
 
全世代で最も行われており、かつ成功率も高い告白方法は「直接会って言う」

 自身がこれまでに告白した方法と、告白が成功した方法を、世代別に尋ねた質問では、告白方法でいずれの世代も「直接会って言う」が1位で、成功率も最も高かった。

 世代別では、Z世代で「電話」が2位に、アラサー世代で「電話」と「Email」が同率2位、アラフォー世代で「電話」が2位にランクインしている。

 告白の成功率が最も低い方法は、アラフォー世代の「ラブレター」で、約33%だった。
 
最も成功の可能性が低い告白方法は「ラブレター」という結果に

 自身が告白された方法と、交際することにした方法を各世代に尋ねたところ、Z世代の告白された方法は「LINE」が2位、「電話」が3位だが、「LINE」よりも「電話」の方が交際することにした方法として上位となっている。

 アラサー世代では、告白された方法の2位が「LINE」、3位が「Email」だった。アラフォー世代では、告白された方法の2位が「電話」、3位が「ラブレター」で、「LINE」が5位にランクインしており、交際に発展した人も少ない。

 交際することにした方法については、「ラブレター」が総合的に最も低かった。

オススメの記事