• ホーム
  • 業界動向
  • アイリスオーヤマがコウフ・フィールドと業務提携、スポーツ施設事業に参入

アイリスオーヤマがコウフ・フィールドと業務提携、スポーツ施設事業に参入

経営戦略

2020/08/04 20:00

 アイリスオーヤマは、コウフ・フィールドと業務提携基本契約を交わした。今回の提携によって、両社はスポーツ施設事業における設計・施工といった事業領域の拡大とともに、導入後の保守・管理までのサポート体制を確立する。

コウフ・フィールド 代表取締役社長 加治木英隆氏(左)と、
アイリスオーヤマ BtoB事業グループ取締役本部長 石田敬氏

 今回の提携にあたって、コウフ・フィールドの加治木英隆社長は、「当社は、20年以上のスポーツフィールドにおける設計・施工・維持管理のノウハウがある。また、『アスリート目線』を重要視し、欧州をはじめとする最先端技術を取り入れ、日本スポーツ界に展開している。これまでに培ったノウハウとアイリスオーヤマの新たな視点を掛け合わせることでスポーツ界に貢献したい」とコメントしている。

 また、アイリスオーヤマの石田敬・BtoB事業グループ取締役本部長は、「当社は、ジャパンソリューションをテーマにLED照明事業、建装事業などを展開している。その中で、日本のスポーツ施設における問題点を解決するため、スポーツ施設事業に参入し、人工芝やスタジアムチェアなどのスポーツ施設向けの製品ラインアップを強化している。コウフ・フィールドと業務提携をすることで、今後は製品だけでなく保守・管理のサポート体制を強化し、安全なプレー環境を整備することで日本スポーツ界の発展に貢献していきたい」と考えを示している。

オススメの記事