IDOMは、日本テレビ放送網のeスポーツ応援番組「eGG(エッグ)」が開催する「eGG eスポーツチャレンジ『ガリバーカップ 2020』 ロケットリーグチャンピオンシップ」大会の特別協賛としてタイトルスポンサーに決定した。

eGG eスポーツチャレンジ「ガリバーカップ 2020」 ロケットリーグチャンピオンシップ

 eGG eスポーツチャレンジ「ガリバーカップ 2020」 ロケットリーグチャンピオンシップは、eGG初の大型eスポーツ大会で、国内で開催される「ロケットリーグ」のオープン制大会として過去最高額の優勝賞金100万円を掲げる。

 日本在住のプレーヤーなら、プロ・アマを問わず無料で参加できる。

 同社は、国境、年齢、性別、身体能力、ゲーム経験の有無さえ一切関係なく、熱狂することが可能なeスポーツ分野が持つチャレンジ精神や、さまざまな可能性に深く共感し、今回の特別協賛の締結に至っている。

 同大会は、オンライン大会を9月12日と10月3日の2回にわたってオンラインで実施した後に、東京会場での決勝大会を11月8日に実施する。

 このほか、同大会がプレーヤーと視聴者の双方にとってエキサイティングになるよう、IDOMと日本テレビ放送網との共催によるPRイベントの開催も計画している。
 
「ロケットリーグ」のゲームプレーイメージ

 「ロケットリーグ」は、レースゲームとサッカーゲームを融合させた、これまでにない新しいスポーツゲーム。プレーヤーは、ジャンプやロケット飛行が可能な「バトルカー」を操作し、相手チームのゴールを狙う。3対3で行われ、制限時間内に多くのゴールを決めたチームの勝利となる。

 サッカーに近いルールだが、オフサイドやファウルといったペナルティはなく、直感的かつ豪快に楽しめる。