• ホーム
  • 業界動向
  • かごしま国体延期も、全国都道府県対抗eスポーツ選手権は実施決定

かごしま国体延期も、全国都道府県対抗eスポーツ選手権は実施決定

経営戦略

2020/07/22 16:00

 かごしま国体文化プログラムeスポーツ実行委員会は、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」を継続して実施すると発表した。「かごしま国体」自体が新型コロナウイルスの影響で延期を決定していたため、先行きが不透明だった。

かごしま国体は中止になったが、継続して実施することが決まった
「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」

 同eスポーツ実行委員会は、「『全国都道府県対抗eスポーツ選手権』が各都道府県から日本一を目指すeスポーツ大会として毎年継続して実施することに意義があると考え、今回、大会の実施に向けて引き続き準備を進めていくことを決定した」とコメントしている。なお、国体が延期になったため、文化プログラムという扱いではない。

 実施にあたっては、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、選手や関係者の安全と健康を第一に適切な対応をしていく方針。大会日程や各タイトルの詳細については後日改めて発表するという。

 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMAは、「eFootball ウイニングイレブン部門」「グランツーリスモSPORT部門」「eBASEBALLパワフルプロ野球2020部門」「パズドラ部門」「ぷよぷよ部門」「モンスターストライク部門」の6部門で開催する予定だった。

オススメの記事