• ホーム
  • 業界動向
  • 真夏用マスク「SUMMER MASKme」をクラウドファンディング、マルニャ物産が開始

真夏用マスク「SUMMER MASKme」をクラウドファンディング、マルニャ物産が開始

販売戦略

2020/07/27 19:30

 マルニャ物産は、同社が展開するマスクブランド「MASKme(マスクミー)」による真夏用マスク「SUMMER MASKme/サマー・マスクミー」のクラウドファンディングを「Makuake」で7月22日に開始した。

SUMMER MASKme/サマー・マスクミー

 SUMMER MASKmeは、“真夏用の、ビジネスでも使用できるマスク”として、この夏を乗り切ることを目的に開発されたマスク。同社の洋服ブランド「ANALOG LIGHTING(アナログ ライティング)」における20年の経験を生かし、目の粗さとパターンの異なるメッシュ素材を表裏で使い、間に抗菌フィルターを入れることで、マスクとしての役割を果たしつつ、空気の層を溜め込まない構造を実現している。

 マスク本体、フィルターともに洗って何度も使えるほか、必要に応じて東京・目黒の店舗で修理できる保証も付属する。

 サイズはM/Lの2種類で、小顔の女性用のMサイズが縦12.0~12.5×横20.0~21.0cm、一般的な女性および男性用のLサイズが縦12.5~13.0×横22.0~23.0cm。

 今回のクラウドファンディングは、縫製に携わる職人たちとともに立ち上げられており、第三者を間に入れず生産者と直接取引することで、少しでも多くの仕事と工賃を出せるよう工夫するなど、プロジェクトの背景を透明化し、支援者が「SUMMER MASKme」で夏を快適に過ごしつつ、縫製業の支援に参加できるようにした。
 
3色のカラーバリエーションを用意

 カラーは、SAX、GRAY、NAVYの3色。マスク1枚にフィルターが2枚付属するセットの税込み価格は、超早割10%引きで3168円。そのほか、5枚セット、10枚セット、40枚セットも用意している。

オススメの記事