• ホーム
  • 業界動向
  • バンダイ、小学生向けスマートシューズと連動する新機能「スポーツ診断」を提供

バンダイ、小学生向けスマートシューズと連動する新機能「スポーツ診断」を提供

販売戦略

2020/07/27 20:30

 バンダイは、同社アパレル事業部が提供する運動したデータをスマートフォンと通信することで数値化し、遊びながら運動能力を高めるサポートをする小学生向けスマートシューズ「UNLIMITIV(アンリミティブ)」から、アプリの新機能として「スポーツ診断」の提供を7月22日に開始した。

「UNLIMITIV」アプリ

 スポーツ診断は、UNLIMITIVのアプリ内にあるアルティメットモード(6種類の本格的なトレーニングが楽しめるモード)のトレーニング成績を基に、「診断機能」、「コーチング機能」、「スカウト機能」の三つの機能が楽しめるモード。

 診断機能では、16種類の中から好きなスポーツを選び、アルティメットモードの成績を基に8段階でスポーツとのピッタリ度を診断。選択種目の目標が一目でわかるパラメーターも表示する。また、全国の小学校で行われる新体力テストの結果を入力するとスポーツ診断の精度がさらに向上する機能も搭載している。

 コーチング機能では、診断機能の結果を基に、ピッタリ度を高めるために必要なトレーニング(アルティメットモード)を表示する。トレーニングの他に、より適した体づくりにおすすめの食べ物も紹介し、運動能力の向上をサポートする。また、スポーツ診断で同じ種目を選んだ他のユーザー情報が表示され、自分のランキングを知ることで運動へのやる気を高める。

 スカウト機能は、アルティメットモードの成績から、ユーザーに合ったおすすめ種目を教えてくれる。種目は、全16スポーツから選出し、新体力テスト入力ユーザーは30スポーツから紹介する。また、そのスポーツの豆知識も見ることができるため、運動に対しての意識を深めることができる。

オススメの記事