Telexistence(TX)とファミリーマートは、遠隔操作ロボット技術を核にしたコンビニエンスストアチェーンの店舗運営プラットフォームの開発に向け協業すると6月30日に発表した。

TX製ロボット

 この協業で両社は、TX製ロボットとAugmented Workforce Platform(AWP、拡張労働基盤)を活用し、工数が大きい商品検品・陳列業務を遠隔操作化・自動化することで、物理的な店舗立地に制約されない自由度の高いスタッフ採用や店舗の省人化が可能な、ロボティクスを軸にした全く新しい店舗オペレーション基盤を開発する。なお、AWPを支えるクラウドシステムには米MicrosoftのAzureを採用する。

 協業の第一段階として、今夏をめどに都内のファミリーマート店舗で、商品陳列業務などを行うロボットとAWPを導入する。さまざまな検証を行いながら、22年までに最大20店舗への導入を目指す。加えて、多店舗展開が可能な取り組みについては、順次導入を拡大することも検討していく。

 TXは、「ロボットを変え、構造を変え、世界を変える」をミッションとし、遠隔操作・人工知能ロボットの開発とそれらを使用し事業を展開するロボティクス企業。遠隔操作ロボットとAWPという、ロボットを通じて人々が労働参加できる基盤を開発している。

 ファミリーマートは、全国47都道府県に約1万6600店舗を展開。「あなたと、コンビに、ファミリーマート」のもと、地域に密着した店舗づくり・生活支援サービスの提供を進めている。今回の協業を通じ、顧客のさらなる利便性向上と店舗従業員のオペレーション負荷軽減、新しい時代の店舗運営の在り方を模索していく。