大幅還元キャンペーンをこれまで実施した実績のあるスマートフォン(スマホ)決済を、最新キャンペーンとともに紹介していく。PayPayに続く第2回は、今春、大きく変わった「LINE Pay」。コンビニやスーパー、家電量販店、美容院・サロンなど、リアル店舗向けの印象が強いが、オンラインショップの決済にも利用できる。

LINEのスマホ決済サービス「LINE Pay」

クレジットカード紐付け「チャージ & ペイ」で最大3%ポイント還元

 4月30日まで、LINE Payは現金からのチャージも可能な事前チャージ型のスマホ決済サービスだった。5月1日以降、「Visa LINE Payクレジットカード」をLINE Payアカウントに登録すると事前チャージ不要の「チャージ & ペイ」が利用可能になり、LINE Payによる支払時にLINEポイントクラブのマイランクに応じてLINEポイントが還元される、後払いのクレジットカード紐付けスマホ決済サービスに生まれ変わった。現金や口座からのチャージ機能も残っているが、LINE Pay残高で支払うとポイント還元はない。
 
事前チャージ必須の従来と、新しい「チャージ & ペイ」の比較

 Visa LINE Payクレジットカードは、世界的なVisaとLINE Payの2ブランドを冠した三井住友カードの提携カード。今年4月のサービス開始から1年間限定で、LINE Payの支払い以外のクレジットカード決済は通常の1%から2%アップの3%還元となる。
 
クレジットカード導入店舗では、2021年4月30日までは、「Visaタッチ決済」対応のVisa LINE Payクレジットカードで支払ったほうが得

 しばらく間違って認識していたが、LINEポイントクラブのマイランクが「プラチナ」でない限り、LINE Payでの支払いでは3%還元にはならず、LINE Payでもクレジットカードでも支払える店舗の場合、Visa LINE Payクレジットカードで支払ったほうが多く還元される。つまり優先順位は、「Visa LINE Pay クレジットカード」「LINE Pay(チャージ & ペイ)」「LINE Pay(残高払い)」の順だ。
 
5月から始まった「LINEポイントクラブ」の最大のメリットは、毎月1枚以上もらえる特典クーポン。Visa LINE Payクレジットカードを発行し、LINE Payに登録の上、過去6カ月間にLINEポイント5000ポイント獲得すると「プラチナ」ランクとなり、クーポンが10枚もらえる

 これらの変更によって、たまったLINEポイントの消費先からLINE Payが外れてしまった。MVNOサービスの「LINEモバイル」の支払いや「LINE証券」から購入できる投資信託の購入代金に充当すれば無駄にはならないが、付与されるLINEポイントはLINE経済圏でしか使えないため、人によってはメリットなしと感じるかもしれない。
 
LINE Pay証券の新サービス「投資信託のつみたて投資」では、毎月の引き落とし時点で保有するLINEポイント全てを使ってつみたてができる
 
 6月15日から7月31日23時59分まで、先着10万人限定で、LINE Payのチャージ&ペイを初めて利用すると、LINEポイント200ポイントをプレゼントする「チャージ&ペイ スタートキャンペーン」を実施中。対象は、キャンペーン期間前に一度もチャージ&ペイを利用していないVisa LINE Pay クレジットカード契約者。手元にVisa LINE Payクレジットカードは届いているが、うっかりチャージ&ペイの登録をし忘れている人は200円相当得するチャンスだ。
 
「チャージ&ペイ スタートキャンペーン」は7月31日まで

 LINE Payは、もともとLINEアプリのウォレット機能の位置付け。クレジットカードは契約せず、今後はLINE Pay支払いの限定クーポンのみ、残高払いで利用すると割り切るのも賢い付き合い方だろう。(BCN・嵯峨野 芙美)