KDDI、KDDIフィナンシャルサービスが発行するクレジットカードのau PAY カード/au PAY ゴールドカード(au PAY カード)は、2020年5月21日から、au回線(au、auひかり、auひかり ちゅら)を利用していない場合でも初年度年会費が無料となった。翌年以降も1年に1度、各種手数料以外の利用があれば無料。「Visa LINE Payクレジットカード」のサービス初年度LINEポイント3%還元に比べると還元率は低いが、高還元といわれる還元率だ。

au PAY カードとVisa LINE Payクレジットカード

 またau PAY カードは6月23日から、ポイント還元率は1%のまま変わらないが、「決済額100円につき1ポイント付与」に変更するため、ポイントがたまりやすくなる。さらに、au PAY 残高チャージ時のポイント還元率が従来の0.5%から1%にアップする(ポイントの付与は、6月22日までは200円につき2ポイント、6月23日からは100円につき1ポイントの予定)。この特典内容変更に伴い、au PAYカードからau PAYにチャージする場合、Pontaポイントがダブルでたまり、合計1.5%還元となる。
 
au PAYカードのサービス概要の新旧比較

 クレジットカードとスマートフォン(スマホ)決済サービス、共通ポイントサービスの紐づけをまとめると、「au PAY カード/au PAY/Pontaポイント」「楽天カード/楽天ペイ(アプリ決済)/楽天スーパーポイント」「dカード/d払い/dポイント」「Visa LINE Payクレジットカード/LINE Pay/LINEポイント」となり、交通系電子マネーのSuicaのモバイル向けサービスをスマホ決済とみなすと、「ビューカード(含むJRE CARD)/Suica/JRE POINT」となる。
 

 各企業とも現金相当として使える共通ポイントや自社IDを核とした顧客基盤の獲得に注力しており、JR東日本は、MaaS事業と、SuicaやJRE POINT関連業務を統合した「MaaS・Suica推進本部」を設置し、モビリティと決済、2つのプラットフォームの拡充・連携を加速させていくとしている。

 今回、KDDIとロイヤリティ マーケティングの提携によって、国内最大級の1億超の会員基盤が誕生したが、重複登録や複数アカウントの割合が高く、実稼働するID数はそこまで多くはないと考えられる。よって、実際の利用者が浮かび上がるモビリティと決済を連携する動きは今後、ますます広がるだろう。(BCN・嵯峨野 芙美)