KDDIは5月21日、以前から告知していたポイントサービスの変更に伴い、au IDとPonta会員ID連携の手続き方法を掲載した。また、ID連携が応募条件となる「au PAY マーケットリリース記念 総額100万Pontaポイントもらえるキャンペーン!」を開始した。

Pontaポイントがダブルでたまる、au PAYが利用できるPonta提携社

 Pontaポイントをためる/つかうと、従来同様、有効期限は最終利用日の1年後に延長されるが、ID連携の上、au PAY カードでauスマホの料金を支払うなど、毎月Pontaポイントが加算される場合、有効期限は実質無期限となる。
 
au利用者のメリット

ID連携手続きの前に、登録情報の事前確認を

 今回は、メリットがあっても面倒だと感じる人が多い、ID連携の手順と注意点を紹介しよう。まず、プラスチック製のポイントカードを保有し、ウェブ登録済みのPonta会員は、PCやスマホのブラウザーで「PontaWeb」にアクセスし、Ponta会員情報を確認しよう。確認にあたり、登録時の電話番号の入力が必要。また、住所は全角登録となる。

 次にau PAYアプリを最新版にアップデートしたうえで起動し、「au ID設定」からau ID会員情報を確認しよう。過去に、母親が保有するJRE POINTカードとSuicaを連携するためJRE POINT WEBサイトに登録しようとした際、片方のフリガナが間違って登録されているため、同一人物と認定されず、連携できなかったことがあった。サービス側のシステム設計次第だが、ID連携・ポイント連携時は注意が必要だ。

 この事前確認で、Ponta会員IDとau IDでは、住所の表記が異なり、別のメールアドレスを登録していると判明。しかし、メールアドレスはどちらも変更したくなかったので、住所のみ一致するよう修正した。なお、登録済みau IDの住所変更(非au利用者のみ可。au利用者はMy auから手続きすると反映される)やPonta番号の連携には、4桁の暗証番号が必要。

 修正後、au PAYアプリの「Pontaカード」をタップし、PontaカードまたはデジタルPontaカードの番号を入力すると連携は完了。Ponta会員IDが記載されたプラスチック製カードを探して手元においた状態から始めて、所要時間は30分くらいかかった。登録情報の不一致や暗証番号忘れさえなければ、手続きは割と簡単だろう。
 
ID連携を行うと、au PAY アプリで「デジタルPontaカード」が表示できる

 名称を一新した総合ショッピングモール「au PAY マーケット」のリリースを記念した、「総額100万Pontaポイントもらえるキャンペーン!」では、Ponta会員IDとau IDの連携を行い、au PAY マーケットに会員登録・ログインしてエントリーすると、抽選で500Pontaポイントまたは1000Pontaポイントが当たる。抽選のチャンスは3回で、エントリーは、5月21日10時~6月4日9時59分、6月4日10時~6月18日9時59分、6月18日10時~7月2日9時59分の三つに分かれたエントリー期間中一度のみ。なお、有料の「auスマートパスプレミアム」会員は当選確率が2倍にアップする。
 

(BCN・嵯峨野 芙美)