NTTドコモと阪神電気鉄道(阪神)は、阪神が運営する阪神甲子園球場と阪神の100%子会社である阪神タイガースで、スポーツ観戦の新たな体験価値の創造とファンの増加を目的として、デジタル分野での協業の検討を進めていくことで合意した。


 これによって、NTTドコモと阪神甲子園球場、阪神タイガースは、(1)先端技術を活用した観戦体験の最大化、(2)デジタルマーケティングの推進、(3)デジタルサービスの共同企画・開発、(4)「d払い」導入と、dポイントを活用したキャンペーンなどの実施、(5)動画共有アプリ「MARKERS」の活用--などの取り組みを推進していく。

 なお、NTTドコモは6月18日から新たに阪神タイガースのゴールドパートナーとなっている。