NTTドコモは、場所を選ばずスマートフォン(スマホ)で簡単に顔認証による入退管理ができる、5Gにも対応したソリューション「Easy Pass powered by SAFR」(Easy Pass)を、5月29日に法人顧客向けに提供開始した。

乗車したままでもスマホで顔認証が可能

 Easy Passは、専用アプリをインストールしたスマホのカメラを入退場者の顔に向けるだけで、登録された顔写真データとリアルタイムで照合し、入構許可者かどうか、入構済みかどうかの状態などがその場で確認できるソリューション。スマホ一つで認証できるため大がかりな工事は不要で、場所の変更にも柔軟に対応できる。

 利用シーンは、主に製造業、電気・ガスなど二次産業の工場、プラントでの入退管理を想定している。こうした施設では、広い敷地にバスや乗用車で入構し、入場ゲートで下車、入場登録、IDカードを提示するなど多くの時間を要するうえに、IDカードの目視確認で人的ミスやなりすましなどセキュリティ上の課題もある。また、屋外の場合は認証機器の防水対策も必要で、導入までに費用や時間がかかっていた。

 Easy Passでは、ドコモのネットワーク内に設置したクラウド基盤「ドコモオープンイノベーションクラウド」上で、RealNetworksの高速・高精度なAI顔認証ソフトウェア「SAFR(セイファー)」と、オープン性が高く、幅広いメーカーのカメラなどとの柔軟な連携が可能なGenetecの入退室管理システム「Security Center Synergis」を統合して提供することで、簡易な操作と高精度な入退管理の両立を実現した。両システムの統合は、ネットワンシステムズが実施している。

 さらに、通信回線、スマートフォン端末、防水ケースなどもワンストップで提供することで、初期費用や導入までの時間が削減できる。また、SAFRの追加機能を組み込んだ場合、新型コロナウイルス感染予防などのためにマスクを着用したままでも高い認証精度を維持し、さまざまな業種、職種で活用できる。

 なお、Easy Passは、4G(LTE)ネットワークでも利用可能だが、5Gの高速・大容量で低遅延なネットワークを利用することで、認証速度がさらに向上する。また、ドコモオープンイノベーションクラウドで今後提供予定の「クラウドダイレクト」と併用することで、より高セキュリティな環境で安心して使えるようになる。

 Easy Passは、NTTドコモの研究開発部門・法人部門で組織横断的に混成チームを構成し、顧客の課題解決を図る「トップガン」の取り組みによって創出した。同社では、Easy Passを通して、企業の入退管理のセキュリティと利便性の向上に貢献し、生産現場を支援していく方針。