楽天ペイメントが提供する楽天の決済アプリ「楽天ペイ」は、他社のスマートフォン(スマホ)決済サービスが還元率を引き下げる中、7月1日からいつでも最大1.5%還元となる定常還元施策を開始する。

 チャージ払い(楽天キャッシュからの支払い)の場合、楽天カードから0.5%、支払い時に1%の合計1.5%、楽天銀行・フリマアプリ「ラクマ」の売上金からのチャージや、いままでためたポイントで支払うポイント払い、クレジットカード払いでも税込100円につき1ポイント付与し、1%還元とする。
 
アプリのコード・QR払い時に税込100円につき1ポイント付与するオプション

 楽天カードからの楽天キャッシュへのチャージは、チャージ金額200円につき1ポイント楽天スーパーポイントがたまり、決済時にも税込100円につき1ポイントがたまる、いわゆる「二重取り」となる。d払いやPayPayは他社のクレジットカードを登録可能だが、独自のポイント還元はなくなる。

 楽天ペイ(アプリ決済)も同様に、楽天カード以外の他社クレジットカードでの支払いは還元対象外となる。詳細は7月1日に公開予定。