楽天グループの楽天ペイメントと東日本旅客鉄道(JR東日本)は、スマートフォン(スマホ)決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」で、JR東日本が提供する交通系ICカード「Suica」の機能を利用できるサービスを5月25日に開始した。

おサイフケータイ対応Androidスマートフォン限定

 楽天ペイアプリのAndroid版を最新版にアップデートすると、アプリ内でSuicaの発行やチャージが可能になり、駅の改札やバスの運賃箱で端末をかざすだけで、JR東日本の駅ナカ店舗を含むSuica加盟店で「Suica(スイカ)で支払う」と伝えて端末をかざすと(アプリの起動は不要)、交通系電子マネーSuicaとして利用できる。
 
楽天ペイアプリの画面イメージ

 当初は、保有する楽天スーパーポイントからチャージできないが、今後、ポイントからのチャージもできるようになる予定。さらに、楽天カード(Visa/Mastercard/JCB/American Express)を楽天ペイアプリの支払元に設定してSuicaにチャージした場合、チャージ金額200円につき1ポイント付与する。

 なお、新たに追加するSuica関連の機能は、「おサイフケータイ」搭載Androidスマホのみ利用でき、非搭載機種で利用できない。楽天ペイアプリに既存のモバイルSuicaを連携登録することもでき、モバイルSuica定期券などの購入に必要なJR東日本の「モバイルSuica」アプリの情報が消えることなく、Suicaにチャージ可能になる。

 iOS版アプリには、こうした機能が追加されないが、楽天ペイアプリ内のリンクからアクセスできるキャンペーンページで毎月エントリーの上、「モバイルSuica」アプリまたはAppleの「Apple Pay」で楽天カードを利用してSuicaにチャージすると、同様に、200円につき1ポイント付与する。

 多くのクレジットカードは、交通系電子マネーへのチャージは、独自のポイント付与の対象外に設定している。最近になって、対象外に追加したケースもある。iOS利用者は要エントリーとなるが、OSを問わず、楽天カードでスマホのSuicaにチャージしてポイントがたまるようになり、楽天カードの利便性が高まった。なお、JR東日本のクレジットカードのビューカード(含むJRE CARD)は、Suicaにチャージすると、ポイントがたまり、ポイント付与率が通常の3倍にアップする。