JR東海は、東海道新幹線のさらなるセキュリティの向上に向けて、駅などの防犯カメラをネットワーク化し、一元的に監視する体制を整備した。

防犯カメラ画像管理センター

 具体的には、新幹線全17駅の防犯カメラ画像を24時間体制で一元的に監視する管理センターを5月29日に開所した。駅の防犯カメラと管理センターと指令所をネットワーク化し、管理センターでは、各駅での駅員の目の届きにくい箇所も含めて、一元的な監視を行う。また、指令所では、事象発生時に駅の防犯カメラ画像を用いて状況把握することによって、さらに迅速な対応を可能とする。

 非常時には、駅防犯カメラの画像を警察に伝送し、迅速・適切に警察と連携した初動対応を行う体制を整えた。

 車内防犯カメラと指令所のネットワーク化については、3月から順次、指令所で列車内の防犯カメラ画像を個別に取得できるようネットワーク化を進めている。車内で非常ボタンが扱われた場合には、車内防犯カメラの画像を指令所へ自動伝送して、より迅速な初動対応を可能としている。工事の完了時期は、21年9月の予定。

 車内防犯カメラのネットワーク化に加えて、指令所から個別の列車の顧客に向けて直接車内放送ができるよう設備改良を進めており、不測の事態が発生した際に、乗務員が避難・誘導等の対応に専念できる体制を整えている。