JR西日本は、電車内の全体に抗ウイルス・抗菌加工を施すと発表した。インフルエンザウイルス(H3N2)やネコカリシウイルス(ノロウイルス代替)への効果が確認されているという。あわせて、時間帯別の混雑状況を提供する。

電車を安心して利用できる工夫が求められている

 抗ウイルス・抗菌加工は、効果が数年間持続する抗ウイルス・抗菌材を噴霧加工するもの。同社の在来線車両の約5200両すべてに実施する。このうち、京阪神エリアを走行する約3600両は9月末までに終える予定。

 車内だけでなく、駅エレベーターのボタンなどにも特殊フィルムを用いて抗ウイルス、抗菌加工を施す。これらの性能を、車内換気性能などと合わせてピクトグラムにより可視化することで、安心して駅・電車を利用できるようにする。

 また、前週のデータをもとにして、線区ごとの混雑状況をホームページで公開。時差通勤促進の取り組みを強化する。

 このほか、国、鉄道各社と連携した感染防止の協力を呼び掛けるポスターを掲示。駅や車内における、時差通勤やマスク着用にも注意を喚起する。