ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は、6月8日から限定的に営業を再開する。一般営業は6月19日から。新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、臨時休業していたが、緊急事態宣言と大規模施設への休業要請の解除を受けて決定した。一方、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは臨時休園の継続を発表した。

6月8日から一部会員を対象に営業を再開すると発表したUSJ

 6月8日~14日の期間は、大阪府在住の年間パスを持っている人で、事前登録を行い、「年間パス会員 ソフトオープンご招待パス」を取得した人のみが入場可能。6月15日~18日は、上記に加えて、大阪府在住で事前に「ソフトオープン・スタジオ・パス」を購入した人が入場することができる。なお、同パスは、数量限定の先着順のため、定員に達し次第、申し込みを終了する。6月19日以降は、関西2府4県在住の人で、年間パス、各種スタジオ・パスを購入した人のみの入場となる。

 なお、来場する際の注意点がいくつかある。まず、パーク内では常時マスクの着用が必要であること。入場ゲートでは体温測定を実施する。また、密集を避け、他の人と距離をとる、パーク内では頻繁に手指消毒をする、入場後に「大阪コロナ追跡システム」への登録を済ませるなどを呼び掛けている。
 
東京ディズニーリゾートは臨時休業の継続を発表している

 同じく大型テーマパークの東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、両パークの臨時休園を継続すると発表している。再開については、政府、自治体からの休業要請の段階的な緩和や、パーク運営の準備など、状況が整った段階で判断していくという。再開日が決定次第、改めて知らせるとしている。