Luupは、小型電動アシスト自転車を用いた短距離移動シェアサイクルサービス「LUUP(ループ)」の提供を、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の一部で5月25日に開始した。初乗り料金は10分当たり100円。

LUUP

 LUUPは、街じゅうの電動マイクロモビリティにどこからでも乗れて、好きな場所に返却できるシェアリングサービス。将来的には、さまざまな電動マイクロモビリティの導入を予定しているが、当初は小型電動アシスト自転車のシェアから開始する。

 小型電動アシスト自転車の貸し出しや返却を行う「ポート」は、5月25日の時点で飲食店や駐車場の空きスペースを活用した57カ所に存在している。
 
ポート設置場所

 小型電動アシスト自転車を使用するため、ポートは自動販売機1台分のスペースでも設置が可能なので、コンビニエンスストアや飲食店の入口横など、従来の自転車のシェアサービスと比較して、より小さなスペースでも設置でき、駅から少し離れた場所にある店舗にも気軽に行けるようになる。

 なお、サービス開始時点では、安全性に最大限に考慮するため、貸し出す小型電動アシスト自転車を50台に制限し、順次台数を増やしていく。また、3カ月後には現在提供中のエリアにおけるポート数を、2倍以上に増やすことを目指している。

 貸し出しに使用する、同社が自社で開発した「LUUP Cycle Lite(ループサイクル・ライト)」は、快適さと安全性のために走行時の軽さを追求し、最高速度を抑える一方で、坂道などを軽い負荷で登れるようアシスト力を強化した。
 
「LUUP」の利用方法

 利用にあたっては、ポートで専用のスマートフォンアプリを起動して、小型電動アシスト自転車のQRコードをスキャンすることで、レンタルが可能で、返却時にはスマートフォンのカメラで駐車時の写真を撮影する必要がある。

 料金は、初乗りの10分当たり100円で、それ以降、1分当たり15円の追加料金は発生する。