ぐるなびは、20~60代の「ぐるなび」会員2992人を対象に実施したアンケート調査をもとにした飲食店のテイクアウトに関する傾向の分析結果を5月21日に発表した。アンケート調査の期間は5月12~13日。

小学生以下の子どもを持つ家庭と新型コロナ以前から外食頻度が高かった人はテイクアウトの利用頻度が高い傾向に

 調査対象者に、直近1か月の飲食店でのテイクアウト利用の有無を尋ねたところ、61.5%がテイクアウトを利用していることが分かった。小学生以下の子どもを持つ家庭では75.4%、新型コロナウイルス感染症の感染拡大前から外食頻度が高かった人は76.3%と、全体と比較してテイクアウトの利用頻度が10ポイント以上高い。
 
ここ1カ月でテイクアウト利用が増えたのが4割で、今後の利用意向も3割を超える

 直近1カ月前と比較して、テイクアウトの利用が「増えた」は40.1%に達しており、今後の利用意向についても32.4%が「増えそう」と答えている。
 
新型コロナの感染拡大をきっかけにテイクアウトのよさを知った人も

 今後、テイクアウト利用が「増えそう」な理由として、「新型コロナウイルスの影響で外出自粛が長引きそう」という意見のほか、「テイクアウトの選択肢が増え選ぶ楽しみが増えた」「行ったことのないお店の料理もテイクアウトで楽しめる」といった新型コロナウイルス感染症の感染拡大をきっかけにテイクアウトの良さを知った人も数多く存在する。

 一方、テイクアウト利用が「減りそう」と回答した人は、その理由として「新型コロナウイルス収束後には店内で食べたい」という意見が複数みられた。
 
今後のテイクアウト選びは「自宅ではなかなか作れない料理」や「ネットで注文できる」「キャッシュレス決済ができる」が重視される傾向に
 
 テイクアウトを利用する際に、重視することを尋ねた質問では、直近1カ月で「自宅の近所」「価格が安い」「行きつけの店」が上位を占めている。また、今後重視することとして、「行きつけの店」の重要度が下がり、「自宅ではなかなか作れない料理」が2位にランクインした。ほかにも、ネット注文やキャッシュレス決済など、注文や受け取りがスムーズに完結する方法が、今後さらに重視される傾向にある。
 
テイクアウトにかける予算は、ランチ・ディナーとも1か月前より増加

 1回当たりのテイクアウトにかける予算は、ランチなら913.9円、ディナーなら1404.7円で、直近1カ月より以前と比較して32.5%が金額について「増えた」と答えている。
 
外出自粛期間にテイクアウトで豪華な食事を楽しむ人も

 テイクアウトにかける予算が増えた理由は、「飲食店を応援するため」「外食が減った分、テイクアウトの予算をあげた」「奮発して家で楽しむ」「行けなかった飲食店のテイクアウトを食べた」といった意見が寄せられた。