S&Tホールディングスは、2020年夏季の開業を予定している国内初のeスポーツ特化型ホテル「esports hotel e-ZONe ~電脳空間~」の開業応援プロジェクトをクラウドファンディングサイト「Makuake」で5月16日にスタートした。

eスポーツ特化型ホテル「esports hotel e-ZONe ~電脳空間~」が開業応援プロジェクトを開始

 esports hotel e-ZONeは、当初4月24日のオープンを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大などの影響によって開業が遅れ、夏季開業に向けて準備を進めている。

 同ホテルは、本来ならば宿泊施設としてだけでなく、eスポーツができる特殊な施設として多くの利用者を見込んでいたが、開業が延期となってしまったことから、多くの人とオープンを盛り上げ、活気のある施設にしていくための支援を目的として、プロジェクトの実施に至った。

 特典内容として、支援額1000円で同社のスタッフから感謝のメッセージを送る(A)、3000円で限定オリジナルステッカー(B)とスタッフからの感謝のメッセージ、5000円で宿泊料金が15%オフになる割引券(C)と特典A&B、1万円でキャビンフロアへの1泊(1人)の招待と宿泊期間中のハイスペックPC利用特典(D)および特定A&B、2万円でキャビンフロアへの1泊(1人)の招待券5枚と宿泊期間中のハイスペックPC利用特典および特定A&B、3万円でオリジナルデザインTシャツと特典A・B・C・D、4万円でハイスペックPC利用環境を完備した数量限定個室を1泊最大4人まで利用可能な招待券2枚と特典A&B、25万円で階段室部分にロゴ掲載、30万円で1~3階の大型モニターで30秒のCM放映、60万円で1~3階の大型モニターで60秒のCM放映を提供する。
 
「esports hotel e-ZONe ~電脳空間~」の施設内イメージ