テレビ東京と電通は、高校対抗のeスポーツ全国大会『Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2020』をオンライン形式で開催すると発表した。第1回はオフラインでもイベントを実施したが、今回は新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、参加者や観客、スタッフなど関係者の安全を考慮し、オンラインに変更した。

2020年の高校対抗eスポーツ全国大会「Coca-Cola STAGE:0」はオンラインで開催する

 STAGE:0は、eスポーツ競技の発展と、世界で活躍する日本人選手の輩出を目指し立ち上がった高校対抗eスポーツ大会。第1回は、全国から1475校から1708チーム(4716人)が参加した。配信視聴者数は約136万人にのぼったという。また、昨年と同様、テレビ東京系列で特別番組を実施する。

 第2回大会は、昨年に引き続き「クラッシュ・ロワイヤル」「フォートナイト」「リーグ・オブ・レジェンド」の3タイトルを採用した。出場チームのエントリー期間は5月18日~7月13日17時まで。大会公式サイトで受け付ける。8月にブロック代表決定戦、9月19日~22日に各ブロックを勝ち抜いたチーム同士で決勝大会を実施。優勝校には、世界で活躍するeスポーツプレイヤーと交流できる機会をプレゼントする。

 大会アンバサダーには、アンガールズの田中卓志さんとタレントのみちょぱさんがつく。また、お笑いコンビ「アルコ&ピース」さんがスペシャルサポーターに就任し、選手たちに声援を送る。昨年は「現状をサッカーに例えると?」など、ゲームに明るくない人にもわかりやすい解説が光ったので、今回も活躍を期待したい。