Aishareは5月8日、「副業ガイド」を閲覧するユーザーを対象に実施した、新型コロナウイルス感染症の収入への影響と新型コロナウイルス感染症の影響で始める副業に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は、「副業ガイド」閲覧ユーザー48人を対象に、4月19~22日の期間に行われている。

新型コロナの影響で始めたい副業は「ライティング(記事執筆)」と「ハンドメイド」

 調査対象者に、新型コロナウイルス感染症の影響で始めたい(始めてみよう)と思う副業を尋ねたところ、「ライティング(記事執筆)」と「ハンドメイド」が同数で1位となった。「クラウドソーシングサイトの利用(翻訳やアプリ開発など)」「投資(株、FXなど)」が続いており、YouTubeやメルカリ、宅配アルバイトなどを希望する声も挙がっている。
 
新型コロナの影響で7割の人が月収1万円以上ダウン

 新型コロナウイルス感染症の影響で、1カ月当たりの収入がそれくらい落ちそうかを尋ねた質問では、26%の人が「影響なし」と答える一方、7割の人は1万円以上収入が減っていることが明らかになった。