日本マクドナルドは4月20日から、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、政府の「特定警戒都道府県」対象地域である13都道府県の全店舗で、店内客席の利用を終日中止する。再開予定は5月6日24時。準備が整った店舗から順次開始するという。

マクドナルドは5月6日まで店内客席の利用を中止する

 対象店舗の内訳は、東京都:約350店舗、神奈川県:約230店舗、千葉県:約160店舗、埼玉県:約180店舗、大阪府:約240店舗、兵庫県:約150店舗、福岡県:約90店舗、北海道:約90店舗、茨城県:約80店舗、石川県:約30店舗、岐阜県:約40店舗、愛知県:約190店舗、京都府:約80店舗の約1910店舗。

 店内での飲食は中止するが、マクドナルドでは従業員との対面接触を軽減できる「モバイルオーダー」や「ドライブスルー」「デリバリーサービス」といったサービスは提供している。

 同社では、これまでも東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、京都府、岐阜県の店舗で、20時~翌朝5時までの「店内客席の利用中止」や「閉店」を実施していた。