【思わず使いたくなる文房具あれこれ・5】 文具の中で1、2を争うほどポピュラーなボールペン。種類も多岐にわたるが、たまには海外メーカーのボールペンを使ってみてもいいかも。今回は、ドイツのスタビロが販売する水性ボールペン「バイオニックワーカー」をレビューしていこう。

ビビッドなカラーが映える1本

 サイズは約14.5(長さ)×1cm(直径)で、一般的なボールペンと同じくらい。しかし、多くのアイデアが詰め込まれているようで、1本当たり491円(税込み)と、ちょっとだけ高めの価格設定になっている。
 
購入したペン先の太さは0.5mm

 人間工学に基づいてデザインされたフォルムは、丸みを帯びていて愛着が湧く。インクの色は、「ブラック」「ブルー」「グリーン」「レッド」の4色から選ぶことができる。今回は迷いながらも、最もスタンダードなブラックをチョイスしてみた。
 
グリップ部分はいかにも握りやすそう

 実際に握ってみると、想像以上に握り心地が良くてまるで指に吸いつくかのよう。ペンを握る位置は人それぞれだけど、これならどの部分でもストレスフリーに握れるはずだ。
 
指へのフィット感はバツグン!

 試しに線を引いてみたところ、“ツルッ”とした独特の滑らかさが病みつきになる。ゲルインキにありがちな、紙に引っかかる“ガリッ”とした感覚もゼロ。水性インクを使用しているためか、粘つかずに紙へスッと馴染んでくれる。普段、油性のボールペンを使っている人ほど、滑らかさの違いが実感できるかもしれない。
 
サラサラと描く瞬間は、まさに至福のひと時…

 ちなみに、オレンジのボディが「ちょっと派手かも」という人はクールな黒いボディの「バイオニックワーカー bl@ck」も販売されている。「いつまでも書き続けていたい」と思える、至極の書き心地を体験してみてほしい。(フリーライター・藤崎恭弥)

※記事中の価格、情報はライター購入時のAmazon実売価格・情報です。

■Profile
藤崎恭弥

30代男性。妻と息子の3人家族。仕事はウェブの広告系で、会社で副業が解禁されたことでフリーライターの道に。昔から無類の文房具好きで、有名メーカーの新作や無名メーカーの謎商品を都度購入して試している。