• ホーム
  • トレンド
  • eスポーツプレーヤーとファンをつなぐ、「BUFFSTAR」正式版の提供

eスポーツプレーヤーとファンをつなぐ、「BUFFSTAR」正式版の提供

時事ネタ

2020/04/08 14:00

 aifieは、eスポーツプレーヤーとファンをつなぐファンディングサービス「BUFFSTAR(バフスター)」正式版の提供を4月6日に開始した。正式版の提供開始に伴い、eスポーツチームに対する支援機能といったβ版からの機能を拡充する。

正式版の提供開始に伴ってリニューアルされた
「BUFFSTAR」のサービスロゴ

 今回の正式版リリースでは、サービス名表記を従来の「バフ★スター」からBUFFSTARに変更するとともに、サービスロゴをリニューアルした。新サービスロゴは、「スターを目指すeスポーツプレイヤー、応援するファンが共に勢いをつけて上昇し、同じ方向へ進んで行く」というコンセプトに基づいており、BUFFSTARがそのプラットフォームになることを目指していく、という思いを表現している。

 BUFFSTARは、eスポーツプレーヤーと、その活動を支援するファンをマッチングするファンディングプラットフォームとして、“eスポーツプレイヤーに新たな収益化手段を提供し、継続的な活動を可能とする”という事業ミッションを掲げて提供を開始した。

 eスポーツプレーヤーは、自身のゲーミングスキルの価値をトークン(BUFF)として発行し、そのトークンを取引することで自身を応援してくれる個人スポンサーを募る。トークン発行を通じて、トークン価格推移による自身のスター性を可視化することで、新たなファンやスポンサーへアプローチできる。

 正式版では、eスポーツチームによるBUFFの発行を可能にした。また、eスポーツチームを支えるマネージャーやサポートメンバーを含めて応援したい、という声が多くあったことを受けて、eスポーツチームとしてのトークンを発行できるようにして、ファンがチームを応援可能な仕組みを提案する。なお、チームのBUFFは所属プレーヤーの戦績に依存せず、チームとしての戦績が価値に反映される。

 今後は、toC向けにとどまらず、toB向けへのサービスの拡充、およびeスポーツプレーヤー・チーム向けのトータルソリューションを提供するプラットフォームを目指す。

オススメの記事