日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は、「プロ野球“バーチャル”開幕戦 2020」の開幕第1カードのうち、2試合を3月29日に配信した。


 プロ野球“バーチャル”開幕戦 2020では、NPBとKONAMIが共催する「eBASEBALLプロリーグ」2019シーズンで活躍した12球団の代表プロプレーヤーたちが開幕後に予定されていた「プロ野球 開幕第1カードと第2カード」を、最新の移籍状況や新入団選手などのデータを反映した家庭用ゲーム「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」の特別バージョンを使って試合を行う。

 開幕第1カードの試合では、期待のルーキーや新戦力が一足先に登場。プロ野球さながらの熱戦を繰り広げた。

 解説には、駒田徳広氏、真中満氏といった豪華なプロ野球OBが登場。さらに、試合に先立ち、2020シーズンの12球団のスローガンや、現役選手たちからのファンに向けたメッセージ映像も紹介され、新シーズン開幕に向けて雰囲気を盛り上げた。

 開幕第1カード2試合の結果は、「読売ジャイアンツ 6-7 横浜DeNAベイスターズ」、「東北楽天ゴールデンイーグルス 5-5 オリックス・バファローズ」となった。