新型コロナウイルスで感染拡大の影響で外出自粛が続き、自宅にひきこもって過ごすのはもう飽きた、という声がそこかしこで聞こえている。自宅で楽しめる娯楽として利用者が増えているのが家庭用ゲーム機だ。今回はPlayStation 4(以下、PS4)本体があればOKの無料&格安の楽しみ方を紹介する。

巣ごもり休日を満喫するために知っておきたい、PS4を無料&格安で楽しむ方法

 日頃から家庭用ゲーム機に親しんでいるユーザーには釈迦に説法になるが、現在のPS4はソフトをパッケージで手に入れなくても、PlayStation Storeでダウンロードしてプレーすることができる。

 最新のソフトはもちろん、定期的にお得なセールを実施しており、過去の名作ソフトを大幅値引きで購入することも可能だ。現在であれば4月28日まで「SPRING SALE」を実施中。人気ソフトが最大80%OFFで手に入る。
 
4月28日まで「SPRING SALE」を実施中

 気になったソフトがあれば、このセールを利用するのもありだが、久しぶりにPS4を起動するユーザーなら、別の方法で無料もしくは格安でさまざまなゲームを楽しむ方法がある。

 一つめは、基本無料のゲームをプレーすること。巷で人気の「フォートナイト」や「コール オブ デューティ ウォーゾーン」などのソフトは、課金要素はあるものの、お金をかけずに十分楽しむことができる。オンライン対戦を別途サービスに加入しなくてもプレーできるタイトルも多いので、無料にこだわるならぜひこの方法を試すとよいだろう。
 
人気の「フォートナイト」は基本無料

 二つめは定額制サービス「PlayStation Plus(以下、PS Plus)」に登録することだ。PS PlusではPS4ソフトのオンラインマルチプレーや特定コンテンツを無料で楽しめるフリープレーを提供している。税込価格は1か月利用券が850円、3か月利用券が2150円、12か月利用券が5143円。14日間の無料体験も用意しているので、直近の週末だけ楽しみたいという人にもおすすめだ。
 
「PlayStation Plus」は14日間の無料体験プランを用意

 4月5日時点で、フリープレーでは大人気タイトル「モンスターハンター:ワールド」や名作タイトル「ワンダと巨像 Value Selection」などを提供している。4月7日からは「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 PlayStation Hits」が加わる。

 三つめはこちらも定額制サービスとなる「PlayStation Now(以下、PS Now)」を利用することだ。ストリーミングゲームサービスで、400以上のPS4/PS3用ゲームソフトをプレーすることができる。いろいろなゲームを試して、お気に入りを探したいという人にはぴったりだ。
 
「PlayStation Now」は7日間体験が100円

 月額料金は税込1180円だが、100円で7日間体験できるプランを用意している。ピンポイントでゲーム三昧したいなら、最高のコスパといえるだろう。ちなみにPS NowはPCに対応していて、「PlayStation Now for PC アプリ」をインストールすれば楽しむことができる(Windowsのみ)。
 
PS NowはWindows PCにも対応

 いずれの方法もPS4をネットワークに接続している、クレジットカード情報を登録している、ソフトをダウンロードするストレージ容量が空いている、などの条件があるので、プレーする前には事前にチェックしておきたい。また、知り合いと遊ぶなら、ソフトのダウンロードにはそれなりに時間がかかることも考慮しておいた方がよいだろう。しっかり準備して、ストレスなく巣ごもり休日を楽しんでほしい。(BCN・大蔵大輔)