ゲーム総合情報メディア「ファミ通」が、2019年(18年12月31日~19年12月29日)の国内家庭用ゲーム市場の速報を発表した。市場規模は4368.5億円(前年比0.6%増)。販売台数が最も多かった家庭用ゲームソフトは、Nintendo Switch用タイトル「ポケットモンスター ソード・シールド」だった。パッケージ版とダウンロード版をあわせると、推定372万5694本売れたという。


 19年の市場規模は、ゲーム機本体(ハード)が1595.4億円(同6.2%減)、ソフトが2773.0億円(5.0%増)。ハード市場は前年比でマイナスになったが、ソフト市場がダウンロード販売の拡大により3年連続で前年を上回るほど好調だった結果、全体としてはほぼ横ばいを維持した。

 なお、ソフト市場は、通信販売で決済されたパッケージソフトと、オンライン決済(ダウンロード販売、サブスクリプション、追加課金など)の金額の推計を含めている。

 ハード市場で販売台数のトップに輝いたのは、「Nintendo Switch」シリーズ。9月に発売した携帯版の「Nintendo Switch Lite」が、登場から4カ月で104.5万台を販売し、後押しした。2機種を合計した19年の推定販売台数は449万3885台。累計販売台数は1138万3431台にのぼる。2位は「プレイステーション4」シリーズで、19年の推定販売台数が119万6153台、累計販売台数が874万8243台だった。

 ソフト市場では、19年11月発売の「ポケットモンスター ソード・シールド」が19年の販売本数1位を獲得。2位の「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」は、137万1979本を販売し、2年連続のミリオンヒットを記録した。ダウンロード版を含む累計販売本数はNintendo Switch向けソフトでは唯一の400万本突破タイトルとなり、歴代1位に立っている。
 
19年の国内家庭用ゲーム市場で人気No.1に輝いた
「ポケットモンスター ソード・シールド」(左がソード、右がシールド)

 20年は、3月20日に「あつまれ どうぶつの森」、4月10日に「ファイナルファンタジーVII リメイク」など、期待の新作が登場する。プレイステーション5やXbox Series Xの発売も予定されており、ハード市場の動向にも注目だ。