ビックカメラは3月28日と29日、東京都と神奈川県の一部店舗を臨時休業する。そのほかの店舗でも、営業時間の短縮などを実施。新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、不要不急の外出自粛要請を出されたことに合わせて決定した。

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため
営業時間を短縮しているビックカメラ有楽町店

 臨時休業になる店舗は、「池袋東口カメラ館」「新宿西口店」「新宿東口駅前店」「セレクト原宿店」「赤坂見附駅店」「Air BicCamera アクアシティお台場店」「ビックカメラリカーアクアシティお台場店」「Air BicCamera ダイバーシティ東京 プラザ店」「ラゾーナ川崎店」「ビックカメラアウトレット×ソフマップ 横浜ビブレ店」「相模大野駅店」など。「Air BicCamera 中部国際空港第2ターミナル店」は、27日から3日間休業としている。

 このほか、多くの店舗でも、営業時間を18時や20時までに短縮している。30日以降の営業については、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一都三県で、閉店時間を19時に繰り上げるという。

 また、スターバックス コーヒー ジャパンも28日と29日の2日間、東京都、神奈川県、埼玉県の店舗を臨時休業することを決定している。さらに、東京都は花見についても自粛を要請。「換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください」と注意を呼び掛けている。