全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、1月のミラーレス一眼デジタルカメラの販売台数は前年比90.1%だった。増税直後からは10月が66.1%、11月が84.1%、12月が72.0%と推移しており、あと一歩で回復というところまで持ち直している。


 メーカー別ではソニーが2019年7月以来、半年ぶりに販売台数シェアでキヤノンを抜いた。週次の販売台数シェア推移では、1月の第1~3週はソニーが30%近くのシェアで首位をキープ、第4週はキヤノンとオリンパスが勢いを取り戻し、ソニーを上回った。
 
 
シリーズ別ではキヤノンとソニーの人気モデルを抑えて「OLYMPUS PEN E-PL9」が首位に立った

 シリーズ別ランキングでは、オリンパスの「OLYMPUS PEN E-PL9」が急上昇。首位の常連であるキヤノンの「EOS Kiss M」やソニーの「α6400」を僅差で抑えて首位に立った。販売台数が前年比109.3%と好調な富士フイルムの「FUJIFILM X-T30」と「FUJIFILM X-T100」がベストテン入りを果たしたことにも注目だ。(BCN・大蔵 大輔)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。