全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、1月のノートPCの販売台数は、前年同月比172.9%の大幅伸長。1月14日のWindows 7サポート終了直前の駆け込みが大きく影響した。1月後半も反動はまだ少なく、単月の販売台数は過去1年で最高を記録した。


 メーカー各社の売れ行きも市場全体のトレンドを受け、軒並み好調に推移。前年比200%を超えたのはNEC、レノボ、Dynabookだった。週次で販売台数の推移を追うと、目立つのがレノボの躍進だ。1月20日週には富士通を抜き、2位に立った。
 
 
存在感が高まっているレノボの売れ筋は「Ideapad L340」

 シリーズ別ランキングでは、NECの「LAVIE Note Standard NS600/NA」がトップ。プロセッサーにAMD Ryzen 7を採用したモデルで、コスパのよさも魅力となっているようだ。存在感が高まっているレノボの売れ筋は「Ideapad L340」。NECの「LAVIE Note Standard NS600/NA」、Dynabookの「dynabook T6」に次ぐ4位にランクインした。(BCN・大蔵 大輔)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。