国立感染症研究所が1月22日に更新したインフルエンザの流行マップによると、2020年第3週(1月13日~1月19日)の患者報告数は8万3037人。定点当たりの報告数は16.73で前週の18.33から減少した。

インフルエンザ患者の報告数は11県で増加、36都道府県で減少した
(マップは国立感染症研究所のホームページから抜粋)

 都道府県別では高知県(26.58)、福井県(25.81)、長崎県(24.87)、愛知県(24.06)、福岡県(23.55)、宮崎県(23.39)、岡山県(22.61)、愛媛県(22.54)、大分県(22.52)、鹿児島県(22.13)、静岡県(21.43)、香川県(21.40)、沖縄県(21.03)、群馬県(20.87)、佐賀県(20.59)、滋賀県(19.83)、岐阜県(19.63)、千葉県(18.65)の順で高い値を示した。
 
定点医療機関当たり患者報告数(グラフは東京都感染症情報センターのホームページから抜粋)
 
都内流行マップ・保健所別(マップは東京都感染症情報センターのホームページから抜粋)

 東京都感染症情報センターが1月22日に発表した「インフルエンザの流行状況」でも、2020年第3週(1月13日~1月19日)は前週より患者数が減少。例年であれば流行がピークを迎える時期だが、歴史的な暖冬の影響もあり患者数は抑えられている。